SPWスタッフの気ままな湘南日記

スタッフブログ

Staff BLOG

ようこそ!新しい湘南平へ!地域密着湘南平フォトウェディング

更新日:2017年11月14日

こんにちは。

 

今日は、昨日取材でお邪魔してきました ‘神奈川県平塚市‘にあるデートスポット「湘南平フォトウェディング」をご紹介☆

 

こちらの「湘南平フォトウエディングプロジェクト」は、平塚らしい「ご当地結婚式」を挙げてもらうという取組みとして、企画スタート。先月10月22日第1号のお客様が「フォトウェディング+お食事パーティー」を開催しました。10月22日は季節外れの台風がきてしまった為、昨日改めて写真撮影のみ行われました♪

 
平塚市内の民間事業者らが「湘南平フォトウェディングロジェクト」(相原未沙代表)を企画、今年9月からの「開業」に向けて準備を進められました。平塚らしい「ご当地結婚式」を挙げてもらうという新しい平塚の取り組みです。
 
そして、こちらのプロジェクトは、湘南平のレストラン「Flat」の相原伸美さん・未沙さん、平塚市内でイベント企画や司会業を営む竹本有希さん(Hearty Time代表)、カメラマンの鈴木圭介さん(fastlane)、が協力して、「湘南平という身近で思い入れのある場所で挙げてほしい」と、竹本さんらが昨年夏にプランを作成進めてこられました。
 
「お2人の想いにより添ったウェディングプランを提案したい☆」と竹本さん。ちなみに、湘南平は「県の景勝50選」に選ばれる有数の観光スポットとして知られ、湘南エリアを一望できる地の利を持つ。展望台から眺望するテレビ塔など、フォトスポットも多数存在することから、写真を中心に思い出作りをする「フォトウエディング」の舞台にぴったりな場所です♡平塚の「海も山もあり、都会からのアクセスも良い」という良さを存分に感じられる場所です。
 
昨日は、実際に「湘南平ロケーションフォトウェディング+お食事会」をされたお2人とお話ができましたので、ここでご紹介☆
 
新郎:青柳正行様(40歳) 新婦:沙織様(33歳)
 
Qお2人がこのウェディングを選んだきっかけは?
 
新郎:「私が、生まれも育ちも平塚で、平塚らしい結婚式が出来ないかと考えていたところ、もともと知り合いであった竹本さんからこの話を聞いて、お願いしたいと思い湘南平でのフォトウェディング+結婚パーティーを行う事を決めました」
 
新婦:「私は、平塚に住んで10年ですが、山形出身なので、山形の親族にぜひ平塚の良さを伝えたいと思いました」
 
Q湘南平はお2人にとってどんな場所でしたか?
 
新婦:「ランニングが趣味で、二人でよくランニングに訪れていた想い出の場所なんです」
 
新郎:「打ち合わせの時も、ランニングで来て、ランニングで帰ったね(笑)」
 
 
Qゲストの反応はいかがでしたか?
 
新婦:「アットホームな雰囲気で喜ばれました」
 
新郎:「43名を招待しましたが、食事会場だったレストランFlatは、こんなパーティーが出来ると知らなかった~と驚かれていました」
 
Qお2人のこだわったポイントはありますか?
 
新郎:「装飾というよりおもてなしを重視したかったので、お料理の食材をすべて平塚産!!で作ってもらいました」
 
新婦:「その他にも引き出物も平塚のお店で選びました」
 
 
Qドレスも持込、購入されたと聞きました。カラードレス、とっても可愛いですが、選んだポイントなどを教えてください
 
プランナー竹本さん:「沙織ちゃんがピンクとかではなくブルー系が好きで、ミントグリーンの色を見た時沙織ちゃんらしいなと一緒に選びました」
 
 
 
そして、もう1つ、私達が、ご紹介したいのは、食事会で使用された「Flat」さんです。とにかくチーフの相原さんが美人でご挨拶させて頂いた瞬間にスタッフ全員「かわいい~」と絶賛しちゃうほど(笑)そして、こちらのお店、そんな美人チーフに負けないくらいこだわりがいっぱち詰まったレストランで、オードブルやメインディッシュなどは、平塚産の魚や野菜をふんだんに使用していて、季節に合わせた一品を提供されています
 
全面窓ガラスで開放感があり、湘南平から三浦半島・湘南・大島・伊豆・富士山などの景色を一望できる贅沢。
 
平日にも関わらず、昨日もたくさんのお客様がランチに訪れていました。キッズスペースもあり、ママランチ会にもおすすめ♪私もすっかり気に入ってしまい、今度子供を連れて遊びに行きたいなと思っています
 
「湘南平フォトウェディング」にご興味のある方は 湘南平フォトウェディングプロジェクト Hearty Time(ハーティータイム)様までご連絡ください
 
♦TEL 070-4403-3181
♦mail info@heartytime.net

前後の記事

▲ ページの先頭へ