もっと聞きたい♪

お客様の声

Voice

結婚式のかわりに・・・ふたりで叶えた幸せなフォトウェディング(K様)

更新日:2022年12月20日


【撮影:箱根ガラスの森美術館&吉池旅館】
【宿泊:吉池旅館】

半年前、結婚式のかわりに、特別な写真をのこせたらいいなと思い、色々なフォトウェディングプランを探していた時に、箱根ガラスの森美術館のフォトウェディング「ススキ&紅葉プラン」を見つけました。大好きな美術館で、秋の紅葉の撮影が出来ると知り、早速LINEで問い合わせをしました。LINEで日程の希望や、ススキが綺麗な季節に撮影したい事などを伝えると、すぐ空き状況やお見積りの作成、そして、私達にあわせたプランやスケジュールを考えてくれました。そして、最初は、ドレスとタキシードだけの洋装写真を撮影できるだけでいいかなと思っていました。ただ、その時に、担当してくれたプランナーさんから、「せっかくなら1泊2日宿泊を兼ねたフォトウェディングはどうですか?」という提案と、「その旅館で和装も撮影できます!もしよかったら一緒にどうですか?」という提案を頂きました。予算も心配していたので、一旦宿泊&洋装プランで打合せをスタートして、もし、良い着物があれば和装も着ましょう!!という話で申込みをすることに決めました。

早速ドレスの打合せ。最初はとにかく恥ずかしくて、出来るだけ肌を見せないドレスにしたいと相談。プランナーさんも衣装あわせに同席してくれて、衣装サロンのスタッフさんと一緒に親身に対応してくれました。そして、1回・2回と、何着も試着をさせて頂き、気に入ったドレスを選ぶことが出来ました。また、タキシードも、結婚式ではないので、少し秋らしい色で、ピンクなども取り入れフォトウェディングらしくコーディネートをアレンジしても素敵ですよ♪とスタッフさんからのおすすめもあり、普段着ない、茶色とピンクの小物をあわせた衣装にすることに決めました。ヘアスタイルやブーケも、写真を集めて担当プランナーさんに送り、事前に確認もしてくれ、ブーケも手配してくれました。

そして、結局‥あとから和装着ればよかったなと後悔したくないなと思い悩んでいる私を見て、彼が、「和装も選んでいいよ」と言ってくれました。最初は、予算も心配していましたが、プランナーさんも衣装スタッフさんも、なるべく予算内で両方着れるように色々とご提案してくれて、洋装も和装も着るという希望を叶えてくれました。

また、今回は、撮影にあわせて、温泉旅館「吉池旅館」も手配して頂いたのですが、前日の夕食は旅館内にあるステーキハウスも予約させてもらい、とても楽しみでドキドキしながら旅行も兼ねた撮影を迎えました。

待ちに待った撮影前日。まずは予定通り温泉旅館へ向かいました。吉池旅館さんは、源泉かけ流しの温泉がありとても気持ちの良い温泉でした!!箱根湯本駅からも歩いて10分かからない場所にあり、庭園も綺麗で、お料理も美味しくて大満足な時間を過ごす事が出来ました。

迎えた当日。朝から青空、快晴。撮影日和となりました。また、箱根ガラスの森美術館は、希望通り、ガラスのススキとあわせて、紅葉がとても綺麗で希望通りの最高のロケーションとなりました。可愛いヘアスタイルにドレス、キラキラ輝くガラスに囲まれての撮影。夢のような時間でした。

そこからは、再度旅館に戻り、和装へお色直し。たくさんの撮影小物を用意していたのですが、撮影に同行してくださったスタッフさんたちやカメラマンさんが、一緒に色々準備してくださったり、この時にこういう写真を撮ると可愛いよ!とアドバイスもしてくれて、右も左もわからない私達でしたが安心してお任せすることができました。夢のような1日で一生想い出に残る最高に幸せなフォトウェディングとなりました。

改めて、撮影当日は本当にありがとうございました。天気にも恵まれ、また皆さまに丁寧に対応いただき、とても充実した撮影をさせていただくことが出来ました。準備段階から手厚くサポートしていただき、とてもありがたかったです。本当にありがとうございました!!撮影の写真を使って今回つくったアルバムをずっとふたりの宝物にしたいと思います。

フォトウェディングはこちらから☛

前後の記事

▲ ページの先頭へ